So-net無料ブログ作成
検索選択
海を感じる時 ネタバレ ブログトップ

海を感じる時 ネタバレ [海を感じる時 ネタバレ]

スポンサーリンク




映画 海を感じる時の ネタバレやあらすじなど気になるところかいています。
2014年9月13日公開の映画「海を感じる時」は、作家の中沢けいが1978年に発表し、
当時18歳で第21回群像新人賞を受賞した文壇デビュー作が原作となっています。
愛を知らない少女がひとりの男と出会い、女へと目覚めていく姿を描いた作品。

あらすじ
ある日、授業をさぼり新聞部の部室で暇つぶしをしていた女子高生の恵美子は、
3年生の先輩・洋から突然キスを迫られる。
洋は「ただ女の人の体に興味があっただけ」と言い放ち、相手は誰でもよかったというが、
父親を亡くし、厳格な母に育てられて愛を知らずにいた恵美子は、それでも洋を求め、
何度も体を重ねる。
やがて洋は進学のため上京し、恵美子もその後を追って東京の花屋に就職するのですが・・・・。


【楽天ブックスならいつでも送料無料】海を感じる時/水平線上にて [ 中沢けい ]

この作品でいう海とは子宮のことなんですね。
洋と恵美子のことが主になっているように思えますが、実は母親と恵美子の関係性も
すごく大事になってくる作品。
夫に先立たれて、財産を義母に持って行かれ、親戚からもつまはじきにされ、
娘を育てるためにしたくもない仕事につき・・・・そんな母親と恵美子との関係。
最初は、娘が進学校に入り国立大に浪人しないで進学することが支えだった母親、
だから恵美子が洋と関係をもったことに怒りますが、そのうち女としての嫉妬心にかわっていく・・・。
自分が手に入れられなかったものを手に入れようとしている娘に対する嫉妬・・・・。
そんな母娘・・・・。

結末に待ち受けるのは???











スポンサーリンク


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
海を感じる時 ネタバレ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。