So-net無料ブログ作成
家族狩り ネタバレ 結末 ブログトップ

家族狩り ネタバレ 結末 [家族狩り ネタバレ 結末]

スポンサーリンク




家族狩りの結末をネタバレしながら犯人についてもふれていきます。
TBSのドラマ「家族狩り」は、天童荒太の小説を原作とした作品なのですが、
このまま原作通りに進んで行くとは限らないと思います。
原作とはところどころかえてきてあるので。
でも犯人などはかわらないのではないかと思うので、原作通りだったらこういう結末になるだろうという
原作にそった予想をしていきます!

主要人物は、
氷崎游子・・・東京都児童ケアセンターの児童心理司。アルツハイマー型認知症の父と、
その介護に疲れた母と3人暮らし。
巣藤浚介・・・高校の美術教師。目的もなく教師を続け、交際相手の美歩の妊娠が分かっても
家族を持つ気になれず堕胎することを望む。
馬見原光毅・・・警視庁捜査一課の刑事。仕事のために家族を犠牲にし、家出した娘・真弓とは絶縁したまま。
山賀葉子・・・青少年問題の電話ボランティア。

連続しておこる一家心中事件によって関わることになった氷崎游子・巣藤浚介・馬見原光毅の
3人が、事件を通して家族とはなにか、そしてその犯人や目的などはなにか、
話は進んで行きます。
第一の事件は浚介の家の隣に住む麻生家でおこる。
息子が家族を殺して自分も自殺したとみられているのですが、
馬見原はこれは子供の犯行ではないとにらみ、独自に捜査をしていく。
原作では、浚介は事件のショックからお酒におぼれ、その際に
少年グループから暴行を受けて入院してしまうんです。
でもドラマではそういうのはなかったきが・・・・
ドラマでは犯人についても馬見原は、游子の仕業だと断言していたくらい。
でも違いますけどね。

第2の殺人は、浚介の生徒・実森の家。
家族を殺して自殺と警察には見られている。

ではでは結末のへんを!
浚介が事件現場でシロアリ駆除の薬の臭いがするといったことから、
駆除業者の大野がうかんでくる。
馬見原が捜査していくと、大野の過去がわかっていった。
なんと電話ボランティアの山賀葉子と元夫婦で、以前自分の息子を殺して刑務所にはいっていたことも
わかる。

そして、犯人のネタバレですが、
犯人は大野と山賀の夫婦だった。子供の前で親を殺し、その後子供も自殺に見せかけて殺すというもの。
昔は教育相談所の職員をしていた大野だが、自分の息子だけは助けることが出来ずに
殺すことになって・・・・自分が服役するため家を売ろうとしたけど、シロアリがすごく家を売ることもできなかった。
そいういったことからか、夫婦で事件を繰り返していた。

シロアリ駆除に入った際に合鍵を作るという手口。
電話相談によってターゲットをさがしていた。
不登校でひきこもり・家族に暴力を与えている子供がいる家族・・・・・。

結局、最後の方の殺人に失敗して追い詰められて人質とって逃げ、
富士の樹海に行くのだけど、息子の事件の真相を人質の少女に話していなくなるのです。
死んだのか生きているのかもわからない状態で・・・・・。

とまあざっとこんな感じです。



贈られた手 家族狩り 第三部 新潮文庫 / 天童荒太 【文庫】

犯人はドラマでも同じだと思うんだけど・・・・











スポンサーリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
家族狩り ネタバレ 結末 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。